【トリートメントをする意味はない】という噂は本当か?

トリートメントで髪の見た目や手触りを改善

ツヤツヤで手触りも良い、キレイな髪になりたいという気持ちからトリートメントをする方が増えています。

確かにトリートメントを使うと、見た目や手触りは改善されることと思います。しかし、本当に元気な状態の髪に戻ったのでしょうか。

トリートメントは意味ないという噂

トリートメントは意味ないという噂があります。これは、一体どのようなことなのでしょうか。

そもそもトリートメントは髪の補修をしますが、傷みを治すことはできません。このことからトリートメントは意味ないという噂になったのかもしれません。

しかし、トリートメントは意味ないということはありません。

髪は補修をしないと傷んでいくだけ

トリートメントは意味ないという意見がありますが、意味ないことはありません。何故ならば、傷みを補修してくれるからです。

傷みを補修しないと、髪は傷んでいく一方なので、見た目も手触りもどんどん悪くなっていくかもしれません。

トリートメントを使う意味は、きちんとあります。現在の傷みを補修するという意味があり、トリートメントは意味ないことはないのです。

補修の前に髪の予防も必要

トリートメントは意味ないという意見を否定します。その理由は補修だけでなく、もう1つあるからです。

それはトリートメントによりますが、髪をダメージから予防してくれる効果があるからです。

お勧めは「リシリッチ」です。

リシリッチは、洗い流さないトリートメントです。リシリッチを使うことで、髪の傷みを補修し、且つドライヤーや紫外線など日々、髪にダメージを与える原因から髪を守ってくれる効果が期待できるからです。

トリートメントにより、添加物などで髪によくない影響を与えるものもあるかもしれません。このようなトリートメントは使う意味ないといわれても仕方ないかもしれません。

しかし、ノンシリコンで天然のもので作られているリシリッチのような、髪に良いトリートメントが実在するので、トリートメントは意味ないということはありません。

トリートメントは見極めが大切

トリートメントは多くの種類が出回っています。

傷みを補修するだけのもの、傷みを補修し、且つダメージから髪を守るもの、添加物などで髪によくないもの、髪や頭皮にも優しいものなど、トリートメントは色々なものがあります。

これらの中から、自分に合うものを見付けるのは難しいかもしれません。

しかし、自分の髪に合う、安心して使える、自分の求めているトリートメントを見極めることによって本当にキレイな髪になれると思います。トリートメントはきちんと見極めることで、意味ないということはありませんので、自分のトリートメントを見付けてください

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ