コンディショナーとトリートメントの正しい使い方

コンディショナーとトリートメントの違い

シャンプーの後に、コンディショナーやトリートメントを使われている方が多いと思います。

シャンプーは髪の汚れを落とし髪や頭皮をキレイにするためのものですが、コンディショナーやトリートメントは何故使うのでしょう。それぞれの効果を知り、正しい使い方を学びましょう。

コンディショナーの効果と使い方

では、まずコンディショナーの効果と使い方です。

コンディショナーはシャンプーした髪につけることで、髪のコンディションをよくしてくれる効果があります。髪をコーティングしてくれるので汚れなどから髪を守り、手触りはサラサラでしっとりにしてくれます。

コンディショナーの使い方ですが、シャンプーした髪につけます。長い時間コンディショナーをつけておくことで、より浸透すると誤解されている方が少なくないようですが、コンディショナーを髪につけて長い時間おいても意味はありません

時間をおいてから流してくださいと書かれているコンディショナーもありますが、長い時間という意味ではありません。パッケージに書かれているものを、確認してください。

また、コンディショナーは頭皮ではなく髪のコンディションをよくするものです。頭皮にはつかないように気を付けてください。コンディショナー液が頭皮につくと、毛穴を塞ぐ原因になりますので、注意が必要です。

トリートメントの効果と使い方

トリートメントは髪の内側から傷みを補修してくれる効果があります。コンディショナーは主に髪をコーティングするものに対し、トリートメントは髪の内部から傷みを補修する効果が高いです。

トリートメントにはいくつか種類があり、洗髪した髪に使うトリートメントの場合はシャンプー後、髪をタオルドライしそこにトリートメントをつけます。洗い流すトリートメントは、その後に洗い流します。洗い流さないトリートメントは、髪につけた状態で終わりです

洗い流すトリートメントは、髪につけてから温タオルやシャワーキャップなどで髪を包み、そのままお湯に浸かるなどして時間をおいてから洗い流すと、トリートメント液がより浸透すると言われています。

メーカーや商品により、すぐに洗い流すものがあるかもしれませんので、パッケージの裏に書かれてある使い方をきちんと確認してください。

洗い流さないトリートメントは、乾いた髪に使うものもあります。ウォータータイプやオイルタイプなどです。それらは朝のスタイリングや外出先など、臨機応変に使ってください。

どのトリートメントにも共通していることは、頭皮につけないということです。髪にのみつけるようにしましょう。

コンディショナーとトリートメントの上手な使い方

では、コンディショナーとトリートメントは、どのように使い分けると良いのでしょうか。コンディショナーとトリートメントの上手な使い方を紹介します。

髪の傷み具合により変わってきますが、傷みがひどいようでしたら、トリートメントの頻度を多めにしますが、少しの傷みでしたら、1週間で5日前後はシャンプーの後、コンディショナーを使い、あとの1~2日はシャンプーの後にトリートメントを使うと良いでしょう。

コンディショナーとトリートメントを同時に使う時は、シャンプー後に、まずトリートメントをつけ、洗い流した後にコンディショナーをつけます。コンディショナーを先につけてしまうと髪をコーティングしてしまうので、トリートメントの栄養分が髪に浸透しにくくなってしまいます。コンディショナーの使い方は、基本的にシャンプーの後に髪にのみつけましょう。頭皮にはつかないように気を付けましょう。

もう1つ、トリートメントと同時にコンディショナーを使う時の使い方は、シャンプー後に、まずトリートメントをつけて、洗い流してからコンディショナーをつけます。コンディショナーとトリートメントを正しく使い、美髪を目指しましょう。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ