コンディショナーとリンスとトリートメントの違いについて

コンディショナーとリンス、トリートメントの働き

シャンプーは、髪の汚れを落として髪や頭皮をキレイにするものですが、では、コンディショナーとリンスとトリートメントはどのような働きをするのでしょう。コンディショナーとリンスとトリートメントの違いはどのようなものでしょうか。

1つずつ解説していきます。

コンディショナーの効果

コンディショナーは、髪の表面のコンディションを整える力が強いヘアケア商品です。髪をコーティングして、汚れなどから髪を守る働きをしてくれます。

リンスにとても似ていますがリンスよりも髪の表面を保護する力が高く他にも髪をしなやかに、そしてコシのあるものになるようにする力もコンディショナーは持っています。

リンスの効果

髪の内部には栄養分を浸透させるなどという作用はありません。

リンスの働きは、髪の表面を油分でコーティングすることです。シャンプー後の髪のきしみを防ぐ働きをしてくれます。

なので手触りがよくなります。髪の水分が蒸発することも抑えてくれます。

トリートメントの効果

トリートメントにはリンスと同じ効果があります。更に髪の内分に栄養分を浸透させてくれる働きがあるので、傷んだ髪の補修ができます。

いかがでしょうか。コンディショナーとリンスとトリートメントの違いですが、どれも似ているようなでも少しずつ違うようなといったところです。

コンディショナーとリンスとトリートメントには大きな違いはないように思えますが、やはり髪に栄養を与えて補修してくれる働きがあることから、髪の傷みが気になる方はトリートメントを使用することが良いです。髪の傷みがあまり気にならないという方は、リンスやコンディショナーなどで髪の表面をコーティングしてあげるだけで良いです。

そうは言いましても、髪はドライヤーの熱紫外線などで毎日ダメージを受け続けているはずなので、やはり栄養分を補給してあげることも大切になってきます。やはり、定期的にトリートメントを使って髪のケアをしてあげることも必要ですね。

そこでおすすめなのが洗い流さないトリートメント「リシリッチ」です。リシリッチは無添加・ノンシリコンで出来ているので頭皮に優しく安心して使うことができます。

トリートメントの上手な使い方

コンディショナーとリンスとトリートメントの違いですが、大きなものは栄養分を髪に浸透させるものかどうかの違いですね。

リンスとトリートメントはとても似ています。そこで上手な使い方を紹介します。

まずシャンプーを使い髪を洗います。次にトリートメントを髪につけて栄養分を浸透させます。最後にリンスやコンディショナーをつけて髪の表面を保護しましょう。

リンスとコンディショナーに大きな違いはないので、メーカーやお好みの商品を選んで問題ないです。シャンプーとトリートメント、そしてリンス又はコンディショナーを上手に使って元気でキレイな髪にしていきましょう。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ