シャンプーでボロボロになった頭皮のダメージケアをする

シャンプーでダメージケア?!

傷んだ髪の補修にはトリートメントを使うというイメージがありませんか?

それも正しい方法です。しかし、シャンプーでもダメージケアができるのです。

トリートメントは既に傷んでいる髪の補修はできますが、新しく生えてくる髪には作用しません。ですらか、頭皮を健康に良い髪が生えてくるようなシャンプーを選ぶことが大切です。

トリートメントでは出来ずシャンプーで出来ること

シャンプーで髪のダメージケアするためにできることは、頭皮を柔らかく健康な状態にすることと、髪が内部から潤うように保湿ケアをすることです。

トリートメントは髪につけて傷みを補修する働きがありますが、毛穴に詰まるリスクや頭皮のトラブル回避のため頭皮につけることは避けなければなりません。

ですから、トリートメントでは頭皮のケアができません。

シャンプーは頭皮のケアができます。新しく生える髪が健康なものになるよう頭皮のケアが大切なのです。このことからも、シャンプーでダメージケアすることが可能だと言えます。

シャンプーでダメージケアできるタイプとは

シャンプーには色々な種類があります。その中で、洗浄力が強いものや、潤い成分が足りないものなどは、髪のダメージが進んでしまうことや、髪の補修が止まってしまうなど、シャンプーするだけでは髪が良い状態に戻ることができません。

シャンプーでダメージケアをするためには、保湿成分効果や頭皮環境を正常化にする成分が配合されているものを選びましょう。

そういったシャンプーを毎日繰り返し使うことで、髪のダメージが進行することを止めることができますし、新しく生えてくる髪が健康であることへの期待ができます。

トリートメントをプラスしてさらにキレイな髪へ

ダメージケアを目的として作られているしシャンプーを使うことで、頭皮のケアなども行いシャンプーだけでダメージケアをできると思います。

しかし、それと同時にトリートメントを使うことで、更に短期間で傷んだ髪の補修が可能になるのではないかと考えます。

シャンプーで、頭皮を良い状態にし、髪へ保湿なども行いつつ、新しく生えてくる髪が健康なものへと導き、現在傷んでいる髪のケアは、トリートメントを使うと、より効果的ではないでしょうか。

シャンプーとトリートメントはそれぞれ得意な分野がありますので、それぞれの良いところを活かしてこそキレイに髪になれるのではないかと考えます。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ