シャンプーで髪にハリとコシを蘇らせたい

シャンプーで髪にハリとコシを蘇らせることは可能か

髪にハリとコシがないのが悩みということを耳にしますが、ハリとコシとはどのようなことを指すのでしょうか。

わかりやすく言い換えますと、髪に元気がないということでしょうか。髪が細いとよくないということなのでしょうか。髪は太い方が良いということなのでしょうか。

使うシャンプーによって、髪にハリとコシを蘇らせることは可能なのでしょうか。

ハリとコシは髪の太さとは関係ない

髪のハリとコシとは、太さとは直接関係ありません。一般的に多くの子供は大人の髪と比べると細いですが、ハリとコシがあることでしょう。髪の太さとは関係なく、ハリとコシはあるのです。

その違いは、髪の表面を覆うキューティクルが整っているか、乱れているかということになります。

髪のダメージが少ないかどうかの違いということになりますね。では、キューティクルとは何を指すのでしょうか。

キューティクルが整うことでハリとコシがでる

キューティクルとは髪の内部を守り、内部にある栄養素を漏らさない働きをする髪表面を保護するための膜のことを言います。

キューティクルが整っていることで、ハリとコシがある髪でいられるということです。

キューティクル以外にもハリとコシを失う原因がある

キューティクルが壊れてしまうと、ハリとコシがない髪になってしまいますが、ハリとコシがない髪になる原因には他にもあります。

加齢により頭皮の機能が低下してしまうことや、頭皮の毛細血管に血液が行き渡らないことなどが考えられます。女性はエストロゲンという女性ホルモンが減少することで、抜け毛や薄毛を促進してしまうことも原因として考えられます。

髪にハリとコシを甦らせる対策

髪にハリとコシがなくなる原因があるのですから、対策もあります。

キューティクルを守るためにできることは、ドライヤーを髪に近付けすぎないようにすることと、濡れた髪のままブラッシングをしないことです。

シャンプーが頭皮に残ると傷む原因になるので、しっかりとすすぎましょう。紫外線も髪を傷めますので、帽子や日傘などを取り入れると良いですね。

また、髪に直接関係ないように思われるかもしれませんが、栄養バランスのとれた食生活や十分な睡眠とストレスを溜めないようにすることも大切です。

それに加えてシャンプーは、アミノ酸系の育毛シャンプーを使うと良いですね。シャンプーで髪にハリとコシを蘇らせることは可能です。

シャンプーに加えてトリートメントも使う

アミノ酸系の育毛シャンプーを使うことで、シャンプーでかみにハリとコシを蘇らせることができます。ハリとコシがない髪のためのシャンプーは数多くあるので、色々と試してみるのもいいですね。

それらに加えてトリートメントも取り入れてみましょう

例えば「リシリッチ」です。

リシリッチは50種の美容液成分で髪のダメージを補修しハリとコシを実感できる洗い流さないトリートメントです。ドライヤーの熱や紫外線からも髪を守ってくれるので、キューティクルを傷める原因の対策にも有効です。

シャンプーで髪をハリとコシのあるものにすることは可能ですが、トリートメントの傷みを補修させる力も同時に使うことで、短期間で元気な天使の輪のある髪になることでしょう。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ