シャンプーの正しい使い方

正しく使ってキレイな髪に

髪の傷みが気になりトリートメントを使う方が増えています。

それも良いことだと思いますが、その前にシャンプーの正しい使い方で洗い、使い髪だけでなく、頭皮を健康にすることが、健康な髪が生えてくることに対して大切です。

シャンプーの前に準備が大切

シャンプーの正しい使い方は、まず準備が大切です。シャンプーをする前に、髪をブラッシングしましょう。

シャンプー前のブラッシングからシャンプーの正しい使い方が始まっていると言って過言ではないくらい、大切なことです。

シャンプーの前にブラッシングすることで、髪についているホコリやゴミが落ちますし、髪を洗っている時に髪が絡むことを防ぐ効果もあります。

お湯でよくすすぎましょう

シャンプーをつける前段階は、ブラッシングだけではありません。正しいシャンプーの使い方は、まずブラッシングをして、次に頭全体がお湯で浸るくらいしっかりと濡らしましょう。

ワックスやヘアスプレーなど、お湯で洗い流すことで、十分キレイになるものなので、しっかりと、まずはお湯で洗いましょう。

この2ステップもシャンプーの正しい使い方と言えるでしょう。

ここでシャンプーの出番です

ブラッシングと、お湯でしっかり洗い流すことで、ホコリやワックスなど、落とせる汚れをしっかり落としてから、いよいよシャンプーをつけて洗います。これが、正しいシャンプーの使い方の手順です。

シャンプー適量を手にとり、頭皮に揉みこむように洗います。髪を洗うのではなく、頭皮を洗うイメージで十分髪の汚れも洗えます。

また頭皮や髪の汚れをしっかりと落としたいために、シャンプーを多めにつける方がいますが、これは意味がありません。頭皮の汚れは泡で落ちるので、シャンプーをたくさんつけても意味はなく、シャンプーをしっかりと泡立てることが大切です。

決して力を入れてゴシゴシと洗うのではなく、頭皮をマッサージするように洗いましょう。

洗い流します

しっかりと洗い汚れを落とせたら、最後はシャンプーを洗い流します。この時、シャンプーが頭皮や髪に残らないように、しっかりと洗い流しましょう。

全て洗い流したと思っても、再度流すことで、頭皮や髪に残らず、きちんと洗い流せたと思っていいと思います。シャンプー剤が頭皮に残ることで、肌トラブルの原因になるかもしれないので、しっかり洗い流すことが大切なポイントです。

以上が正しいシャンプーの使い方です。

この後に、リンスやトリートメントなどをつけてケアをすることで、それらの力も発揮させるというわけです。まずは、正しいシャンプーの使い方で、頭皮と髪の汚れをしっかり落として、次に髪をコーティングしたり、傷みをケアするなどしていきましょう。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ