シャンプーを使う時のコツを覚えて頭皮の汚れを綺麗に落とそう!

シャンプーは使う前から始まっている

シャンプーは髪や頭皮の汚れを落とすために使いますが、実は髪を洗う前からがシャンプーを使うときのコツが始まっています。

髪をとかしましょう

シャンプーをする時のコツ1つ目は、まず髪をとかしておくことです。このことで、頭皮や髪についたホコリや汚れを浮かせておきます。

髪をお湯で洗います

シャンプーをするときのコツ2つ目は、シャンプーを髪につける前にお湯でしっかりと洗うことです。

シャンプーをつけなくても、髪の汚れの8割程度は、お湯で落ちると言われています。この時、指の腹で優しく洗うこともポイントです。決して爪をたてないようにしましょう。

お湯の温度は38度くらいが良いです。熱いお湯で洗ってしまうと、頭皮を傷つけてしまうことになりかねません。

しつかり泡立てましょう

シャンプーを使う時のコツ3つ目は、シャンプーをしっかりと泡立ててから使うことです。よく泡立てたシャンプーで髪を洗います。

お湯でしっかりと洗ってあるので、ここではシャンプーの泡でさっと洗いお湯で十分にすすぎます。

シャンプー剤が頭皮などに残るとトラブルの原因になるので大丈夫と思っても、もう1度しっかり洗い流しましょう。

仕上げに髪の傷みを補修

シャンプーはしっかり洗い流して、ドライヤーで髪を乾かしたら終わりとなります。

ここでコンディショナーやリンス、トリートメントなどを使う方はそれらを使って髪に栄養を与えたり、髪表面をカバーしたり、髪の傷みを補修したり髪をダメージから守るなどのヘアケアを行います。

もしも自分の髪に合うケアヘアグッズをまだ探しているところでしたら、無添加・ノンシリコンの洗い流さないトリートメント「リシリッチ」を試してみましょう。こちらはお試しキャンペーン中なので今なら定価より安く購入して使うことができます。

二度洗いも効果的

シャンプーをする時のコツは、髪をとかしてから、お湯とシャンプーの泡で洗い、しっかり洗い流すことですが、更に効果的にするためには二度洗いをお勧めします。

予備洗い

髪をしっかりと濡らし軽く予備洗いをします。指の腹でマッサージするように頭皮を洗い、ここでは頭皮を洗い髪の毛を洗うという意識はしなくて大丈夫です。

1回目のシャンプーを軽く洗い流します。続けて2回目のシャンプーをします。1回目は頭皮が汚れているとシャンプーの泡立ちが悪くなりますが、2回目は汚れも落ちているので、少量のシャンプーでよく泡立つでしょう。

2回目は、頭皮をゴシゴシと指の腹で優しくマッサージをするように洗います。お湯でしっかりとすすいで終了です。

1回目も2回目も、シャンプーを少量のお湯で混ぜてから頭全体に均等につけましょう。シャンプーのコツは、まずブラッシングから始まります。そして気になるときは、二度洗いなども取り入れて、頭皮も髪もキレイな状態にしましょう。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ