シリコン入りではないトリートメントの方が髪には優しい?

シリコンとは

トリートメントやシャンプーなど、シリコン入りのものとノンシリコンのものがあります。そもそもシリコンとはどのようなものなのでしょうか。

シリコン、それは人工の高分子ポリマーのことです。

髪を油膜でコーティングすることで、トリートメントやシャンプーにシリコンが入っているものを使うと、仕上がりの指通りがよくなります。シリコンは例えばシリコンスチーマーやコンタクトレンズ、柔軟剤などにも入っています。

シリコンは髪によくない?

シリコンはトリートメントやシャンプー以外にも、色々なものに使われています。シリコンスチーマーは調理器具ですし、コンタクトレンズや柔軟剤など生活必需品に使われていることがわかります。

これらのことから、シリコンは身体に悪い影響を及ぼす心配はないと思いませんか。

しかし、ノンシリコントリートメントなどがあるということは、やはり何かしらのデメリットもあるのです。

頭皮に残りやすい

シリコン入りのトリートメントはすすぎが不十分の場合、頭皮に残りやすいです。シリコンが髪や頭皮に蓄積されるとパーマがかかりにくくなってしまいます。

シリコンのデメリットが、頭皮や髪に残りやすいということだけでしたら、それはしっかりすすぎをすればいいことなのであまり心配する必要はないです。

では、洗い流さないトリートメントの場合はどうなるのでしょう。

洗い流さないトリートメントはシリコンが髪に残ったまま

シリコンは、髪や頭皮に残りやすいというデメリットがあります。

しかし、これはしっかりすすげば問題ないように思えますが、それは洗い流すトリートメントの場合に限った話になります。

洗い流さないトリートメントは、その名前の通り洗い流さないので、シリコンは髪や頭皮に付着したままとなってしまいます。

頭皮にはつけないのが基本

トリートメントの基本は頭皮にはつけないことです。ですから、この基本を守ればトリートメントケアでシリコンが頭皮に付着することは防げます。

しかし、トリートメントで髪にシリコンが付着するのは防げません。洗い流すトリートメントでしたら、シリコンが髪についても一時的ですが、洗い流さないトリートメントの場合は、次に髪を洗う時まで、シリコンが髪に付着したままの状態となってしまいます。

シリコンは空気や栄養などをきちんと通すので安心と言われています。シリコンは熱にも強く化学反応もしにくいと言われています。

しかし、髪に蓄積されることはよくないです。安心して使えるトリートメントはシリコン入りではないものの方がいいです。

洗い流さない安心して使えるトリートメント

トリートメントにシリコンは入っていない方が安心て使えます。トリートメントにシリコンが入っていなくても、同等の効果は得たいものですね。

そこでお勧めするのが「リシリッチ」です。リシリッチは、洗い流さないトリートメントで、シリコンは入っていません。

天然成分由来で作られているトリートメントなので、シリコンは入っていませんが、仕上がり感は満足できるものと考えます。指通りやサラサラ感、髪の傷みを補修し、スタイリングをしやすくしてくれます。また、くせ毛の改善効果も期待できます。

洗い流さないトリートメントなので、夜髪につけて、その効果が翌日まで続きます。トリートメントはシリコンが入っていないものを安心して使えます。更に、天然成分で作られているリシリッチなら、更に安心して使えるトリートメントですし、その効果も十分に満足できるものと考えますので、是非お試しください。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ