トリートメントが背中ニキビの発生に関係している!?

トリートメントと背中ニキビは関係あるの?

髪の傷みに悩む方が多いと思いますが、同時に背中ニキビに悩む方も多いのではないでしょうか。

髪の傷みと背中ニキビは一見関係ないように思えますが、実はつながりがあるのです。

それは髪の傷みと背中ニキビではなく、トリートメントが背中ニキビに関係あるのです。

トリートメントが背中に付着

髪が傷むと補修のためにトリートメントを使う方が多いです。しかし、そのトリートメントが背中ニキビの原因を作っていることがあるのです。

髪にトリートメントをつけてケアをした時、きちんと洗い流していますか。

髪や頭皮は念入りに洗い流していたとしても、背中にトリートメントが残ってしまうことがあります。それがトリートメントが原因で背中ニキビを作ってしまっているのです。

背中ニキビを作る原因

トリートメントが背中ニキビの原因になるのは何故でしょう。トリートメントが背中に付着するだけで何故ニキビになるのでしょう。

それは背中など肌にトリートメント剤が付着することで、毛穴を塞いでしまうからです。毛穴が塞がれると皮膚呼吸もできなくなりますし、トリートメントが背中ニキビだけでなく様々な肌トラブルの原因となります。

背中ニキビは自分では気づきにくいものですが、背中の開いた服や水着などになった時、目立つ部位でもあるので可能なことは予防したいものですね。

その点、トリートメントが原因での背中ニキビでしたら、十分に予防できるので、きちんと対策したいものです。

背中ニキビを作らないための対策

トリートメントで背中ニキビを作らない為にできることは、髪を洗い流す際、背中などにトリートメントが残っていないか、再度よく洗い流すことです。

とにかくトリートメント剤を髪や肌に残さないことが大切です。

髪に残ったものが背中につくことも

トリートメントが背中に付着したままでいて、それが原因で背中ニキビになってしまうことがあります。これを防ぐためにできることはトリートメントを髪につけて洗い流す時に、背中に残らないようにしっかり背中も洗い流すことです。

しかし、これだけでは不十分な場合があります。

背中についたトリートメントをきちんと洗い流しても髪に付着したままでしたら、その髪からまた背中にトリートメント剤がついてしまうことがあるからです。

それを防ぐためにも、やはりしっかりすすぐしか予防策はありません。トリートメント剤は髪にも背中にも残さないようにすすぎましょう。

洗い流さないトリートメントの場合

トリートメントが背中につくことで、背中ニキビの原因になることが考えられます。

洗い流すトリートメントでしたら髪や背中などをしっかりと洗い流すことで予防が可能ですが、洗い流さないトリートメントの場合はどのようにしたら良いでしょうか。

髪に長い時間トリートメント剤がついていることになるので、肌に優しいトリートメントを使うようにするといいです。化学物質などが使われていない、天然由来のトリートメントを使うことで、肌トラブルを回避できるものを選ぶようにしましょう。

そこでおすすめなのが無添加・ノンシリコンの成分だけで作られた「リシリッチ」です。今ならお試しキャンペーン中で安く購入することができます。

背中ニキビの原因は、色々挙げられます。背中は洗いにくい部位なので、それも1つの原因でしょう。

トリートメントが背中についたとしても目では見えにくいですし、ある程度洗い流すことでぬるぬる感などもなくなるかもしれませんが、きちんと洗い流したと思っても、もう一度洗い流すことでトリートメントが原因の背中ニキビを予防できることにつながるのですすぎは念入りにしましょう。

また洗い流すタイプのトリートメントも洗い流さないトリートメント同様に、天然由来の肌に優しいものを選ぶと尚良いでしょう。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ