髪をケアするはずのトリートメントが薄毛の原因に!?

トリートメントと薄毛の関係

トリートメントを使うと薄毛になるという話を聞いたことがありませんか?これは確かに本当の話です。しかし、誤解をしないでください。

トリートメントが薄毛を促進しているのではなく、トリートメントの使い方を誤ると、薄毛の原因になってしまうかもしれないということです。

ですから、正しく使えばトリートメントが薄毛の原因になることはありません。

トリートメントが薄毛になるのは何故?

トリートメントを使うことが薄毛になるかもしれないのは何故でしょうか。それは、トリートメントの使い方に誤りがあるからです。

トリートメントは髪につけるものです。頭皮につけるものではありません。誤ってトリートメントを頭皮につけてしまうと、肌トラブルや毛穴につまってしまい、それが薄毛へとつながり、トリートメントを使うことで薄毛になってしまうという結果になるのですね。

トリートメントの正しい使い方

トリートメントを正しく使うことで、薄毛になることは防げます。

トリートメントは、傷んだ髪に栄養を与えるものです。頭皮につけてもメリットはありませんし、薄毛になるというデメリットが発生してしまいます。

髪をシャンプーした後にトリートメント液をつけるのですが、髪の生え際はつけなくて大丈夫です。トリートメントは傷みを補修するものです。髪の生え際は傷んでいないと考えられますので、トリートメントをつける必要がありません。

髪全体にトリートメントをつけようとすることで、生え際もつけてしまい、頭皮にもついてしまい、トリートメントが薄毛の原因になってしまうのです。トリートメントは毛先など傷んでいる箇所を中心につけましょう。その後、しっかりと洗い流しましょう。

万が一、頭皮についてしまったとしても、しっかり洗い流すことで、毛穴つまりや肌トラブルが回避できます。

洗い流すタイプのトリートメントは、つけた後に洗い流してもきちんと効果が得られるものなので、より効果を得たいという理由から髪に少し残るように洗い流す方がいるかもしれませんが、このことから髪に残ったトリートメント液が頭皮についてしまい薄毛にさせてしまうかもしれません。トリートメントは、しっかりと洗い流しましょう。

もしもトリートメントを洗い流すのが面倒くさいのであれば、洗い流さないトリートメント「リシリッチを試してみましょう。リシリッチは洗い流さないことを前提としたトリートメントとなっているので、髪に残っていても薄毛になる心配はありません。

トリートメントは、正しく使うことで薄毛になることはありません。きちんと洗い流さないことで、頭皮についてしまい毛穴につまるなどすると薄毛の原因になってしまうのです。リートメントを正しく使って、薄毛にならず、キレイな髪にしましょう。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ