トリートメントで傷んだ髪に欠かせないたんぱく質を補う

髪にもたんぱく質が必要

たんぱく質と聞くと、健康やダイエットを思い浮かべるでしょうか?

確かにたんぱく質は、健康にもダイエットにも必要な栄養素です。このたんぱく質、実は髪にとっても大切な成分なのです。

肌や爪、髪など美容に関係する部分は、たんぱく質が左右すると言っても過言ではないほど、大切な成分です。傷んだ髪のケアには、たんぱく質は欠かせない成分となります。髪の主成分はたんぱく質だからです。

サロンでのトリートメントしてタンパク質を補う

髪にもたんぱく質が必要不可欠な成分というわけですが、どのように髪にたんぱく質を与えると良いのでしょうか?

それはトリートメントです。トリートメントでたんぱく質を補うことができると、ヘアケアしやすくなります。

トリートメントでたんぱく質を補うケアは、サロンでできるところが増えてきています。しかし、サロンでトリートメントの施術を受けるのは費用がそれなりにかかります。あまり頻繁に通うのは難しいです。

実はサロンで受けるような、トリートメントでたんぱく質を補うケアは自宅でも手作りでできるので紹介します。

手作りトリートメント

トリートメントでたんぱく質を補うことが髪にとって良いことですが、たんぱく質入りのトリートメントは、最近サロンで受けられるところが増えてきましたが、費用もそれなりにかかるので、家で作れるトリートメントでたんぱく質入りのものを紹介します。

卵パックの作り方

  1. 卵を髪の長さや量により1個か2個用意します。用意した卵をボウルなど入れ物に割り、かき混ぜて泡立てます。
  2. 「1」で、できたパックを髪や頭皮につけます。 髪の表面だけでなく頭皮など全体にきちんとつけてください
  3. シャワーキャップを被って20分程度そのまま待ちます。
  4. 冷たい水で洗い流します

これで終わりです。卵の匂いが気になる場合は、レモン汁を加えると良いでしょう。

卵の白身を顔にパックする方法がありますが、髪にトリートメントとして、たんぱく質を補うためには、黄身白身の両方を混ぜて使います。しかし、オイリーヘアの方は、白身だけ使うのも良いでしょう。

ヨーグルトパックの作り方

  1. 大さじ3杯のヨーグルト又はサワークリームを髪全体につけます。
  2. そのまま20分程度おいて洗い流して、シャンプーとリンスをします。

卵はたんぱく質のかたまりですが、ヨーグルトやクリームなどの乳製品もたんぱく質の補給ができます。ヨーグルトに卵を混ぜると、更に高い効果が期待できます。

マヨネーズとアボガドのパックの作り方

  1. マヨネーズ大さじ2杯とアボガド1/2個をよく練り合わせクリーム状にします。
  2. 「1」で、できたパックを毛先を中心に髪全体につけます。
  3. くしなどを使って髪の奥まで浸透させて、20分程度待って洗い流しましょう。

マヨネーズは卵と油が原料です。たんぱく質を与えるためにはピッタリというわけです。アボガドは脂肪分が含まれているので、髪に潤いを与えてくれます。

これらの手作りトリートメントで、髪にたんぱく質を補うためには、週に1回程度ケアしてみてください。

アミノ酸配合のトリートメントも

ここまでトリートメントでたんぱく質を補うためのものを紹介しました。

しかし実はアミノ酸配合のトリートメントも髪にとって大切なのです。

その理由は、たんぱく質はアミノ酸でできているからです。

実際に、サロンではアミノ酸配合のトリートメントを使用しています。そこでお勧めのトリートメントがリシリッチです。

リシリッチはアミノ酸が含まれているので、髪に吸着させることでハリやコシなど改善が期待できるからです。髪の傷み、ハリやコシが気になるという方は、是非リシリッチをお試しください。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ