トリートメントでブラッシングをしやすくする

トリートメントとブラッシングは関係あるの?

トリートメントとブラッシングは、一見なにも関係ないように思えるかもしれませんがとても深い関係があります。それは、トリートメントをすることによってブラッシングがしやすくなるからです。

トリートメントは髪の傷みを補修するものだから、ブラッシングとは関係がないように思いがちかもしれません。しかし、トリートメントで髪の傷みを補修するからこそ、トリートメントをすることでブラッシングがしやすくなると言えるのです。

トリートメントの効果

トリートメントは髪に栄養を補給する働きがあります。トリートメントは髪の表面ではなく髪の内部に栄養分を浸透させます。このことで髪に栄養が与えられ傷みを補修してくれるのです。

髪に栄養が与えられ保湿成分なども浸透することで、髪は健康な状態になることが期待できます。

残念なことに、一度傷んでしまった髪は元に戻ることはありません。髪の傷みか治ることはありませんが少しでも補修してあげるためにトリートメントを使うのです。

トリートメントを使ったケアで髪は内部から健康な状態に補修されるとともに、見た目はサラサラで手触りもよくなることでしょう。指通りがよくなるということは、ブラッシングもしやすくなるということですから、トリートメントでブラッシングがしやすくなると言えるのです。

スタイリングがしやすくなる

トリートメントには大きく分けて2種類あります。

1つは洗い流すタイプのトリートメントで、もう1つは洗い流さないタイプのトリートメントです。

洗い流さないタイプのトリートメントは乾いた髪にも使えるものがあり、これはスタイリング前に髪に馴染ませることで、スタイリングしやすくしてくれる働きもあります。ですから、このようなタイプのトリートメントを髪に馴染ませることで、ブラッシングもしやすくなる効果が得られると考えます。

ブローやスタイリングの前に必ずブラッシングはすると思うので乾いた髪に使うスタイリングしやすくしてくれるトリートメントは、ブラッシングもしやすくしてくれると考えます。

傷みが補修されるとブラッシングもしやすく

さて、洗い流すタイプのトリートメントもブラッシングをしやすくしてくれると考えます。

それは、トリートメントで髪の傷みを補修するのですから、洗い流すタイプも洗い流さないタイプもどちらもトリートメントでケアをすることで、髪は元のように近づくのですから、ブラッシングがしやすくなり、このことで髪にダメージが与えられるということからも髪を守ってくれます。

このようにトリートメントで髪をケアすることで、ブラッシングがしやすくなり髪に与えるダメージも減らすことが可能だと考えます。

髪の傷み具合によりトリートメントを使う頻度は変わってきますが、自身の髪の状態に合うトリートメントを髪の傷み具合に合う頻度でケアをしていくことで、ブラッシングがしやすくなり傷みの少ない髪になっていくことでしょう。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ