トリートメントでブローがやりやすくなるの?

トリートメントの種類により使い分ける

トリートメントでブローがやりやすくなるのでしょうか。

トリートメントは髪の補修をするものです。髪が傷んでいるとブローも大変かもしれませんが、髪の傷みが補修されることで、ブローがしやすくなるのではないかと考えます。

ですから、トリートメントでブローがやりやすくなります。更に種類によって効果なども異なりますので、使い分けると良いでしょう。

トリートメントの種類

トリートメントの主な効果は髪の傷みを補修することです。これは多くのトリートメントに共通している効果と言えます。

更にいくつかの種類に分類され、それぞれ使い勝手なども変わってきます。

まずトリートメントは洗い流すタイプと洗い流さないタイプに分かれます。どちらもメリットとデメリットがあるので使いやすさや効果などから、どのタイプを使うか選ぶと良いですね。

ブロー前につけると良いトリートメント

トリートメントをブロー前につけると、髪のダメージを保護してくれますし、手触りもよくなります。これは、洗い流さないトリートメントのみできる技です。

洗い流すトリートメントはシャンプーの後にトリートメントを髪に馴染ませた後、洗い流してしまうので髪の傷みを補修する効果は浸透していますが、ブローをする時のダメージから髪を保護してくれるという働きはありません。

洗い流さないトリートメントは、ドライヤーの熱紫外線などから髪を保護してくれる働きがあるので、洗い流さないタイプのトリートメントを、ブローする前に髪につけることで、ブロー時にクシやブラシが髪にひっかかるなどのトラブルも未然に防いでくれる期待が持てますし、ダメージからも守ってくれるでしょう。

また洗い流さないタイプのトリートメントは、乾いた髪につかえるものもあります。このようなタイプでしたら、トリートメントを朝のスタイリング時に使うことが可能ですので、やはりトリートメントをつけることで、ブローをしやすくしてくれる効果も期待できますね。

初めて洗い流さないトリートメントを使う人におすすめするのが「リシリッチ」です。リシリッチはノンシリコン・無添加で出来ているので敏感肌の方でも安心して使用できます。また、今ならお試しキャンペーン中なので安く試してみることができます。

洗い流さないトリートメントの場合

洗い流さないトリートメントは、残念ですがダメージから髪を守る働きはありません。商品によっては、そのような効果があるものがあるかもしれませんが、多くの商品はそのような効果は得られないでしょう。

ですからトリートメントでブローをしやすくするという効果を得たい場合は、やはり洗い流さないタイプのトリートメントをお勧めします。

そうは言いましても洗い流すタイプのトリートメントも、髪の傷みを補修する効果がありますので、手触りや指通りもよくなるはずです。そういう意味では、洗い流すタイプでも洗い流さないタイプでも、どちらのタイプ種類でも共通して、トリートメントを使うことで髪のブローをしやすくする効果が期待できると考えます。

トリートメントで髪の傷みを補修してブローしやすい髪にすることで、更にスタイリングもしやすくなってくるのではないでしょうか。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ