トリートメントで切れ毛を治すことは出来ない!?

トリートメントでできること

トリートメントは、髪の傷みを補修することが目的で使われている方が多いと思います。切れ毛も髪の傷みの1つです。

しかし、残念ですがトリートメントで切れ毛を治すことはできません。トリートメントは髪の傷みを補修するものであり治すものではありません。

これはどのトリートメントでも共通していることです。

トリートメントは切れ毛を治すのではなく傷みを予防するもの

トリートメントで切れ毛を治すことは残念ながらできません。ですから、そうなる前に髪が傷まないように予防することが大切になります。

髪の傷みを予防するめにトリートメントを使うと良いでしょう。

トリートメントは髪の傷みを補修するために使うものという認識が強いと思いますので、切れ毛を始めとした傷みを治せないと聞くと嘘のように捉えられてしまうかもしれません。

しかし、補修することは治すことではありません。トリートメントで傷みを補修して、切れ毛などが起こる前に予防することが大切なのです。

切れ毛になる原因

髪が長い方ほど切れ毛に悩むことが多いかもしれませんが、そもそも切れ毛になる原因はどのようなことでしょう。

1つ目は髪に無理な力を与え続けたことで、ダメージとなり髪の途中から切れてしまうことが考えられます。

2つ目は髪の乾燥などが原因でキューティクルが浮かんでしまい、摩擦が生じて切れてしまうことが考えられます。

3つ目は食生活や栄養素の偏りにより切れ毛が起こりやすいと考えられます。

例えば、髪がひっかかるのに無理にとかしたりすることで髪がプチッと切れてしまうことありませんか。他に髪が乾燥すると髪は傷みやすくなりますよね。栄養面は髪も内側からのケアも大切ということですね。

髪が傷まない対策

トリートメントで切れ毛を治すことはできませんが、トリートメントで切れ毛対策は可能です。普段からトリートメントで髪のケアをすることで、指通りなどもよくなることが考えられます。このことからも、髪に無理な力を与えることが防げます。

また、トリートメントで髪の乾燥を守ることができます。このことからもトリートメントで切れ毛対策ができると考えます。

最後にトリートメントは髪の内部に栄養を浸透させるものなので、髪に栄養を与えて傷みの補修や予防ができる期待ができます。ですから、やはりトリートメントで切れ毛の予防ができると考えます。

できてしまった切れ毛の対応

一度できてしまった切れ毛は治すことができません。切るのが最善と考えます。ですから、そうなる前にトリートメントで切れ毛対策を行うようにすると良いですね。

また、トリートメントは長く使い続けるものなので、髪や頭皮に優しい成分のものを選ぶようにしましょう。ノンシリコン・無添加成分で作られているトリートメントを使っていないのであればまずは「リシリッチ」を試してみましょう。

頭皮が健康でないと元気な髪は生えてきません。

食べ物で体の内側から栄養を摂ることも大切ですが、天然由来のトリートメントを使うことで、髪の外側からも栄養を与えて、肌トラブルなども起こらないように注意し、トリートメントで切れ毛対策を行いましょう。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ