トリートメントに含まれている悪い成分とは

トリートメントに悪い成分が入っているの?

ヘアケアにトリートメントを使う方が多いと思いますが、成分を気にされたことがあるでしょうか。

全てのトリートメントに悪い成分が入っているわけではありません。しかし、実際に市販されているトリートメントに悪い成分が入ったものがあることも事実です。

トリートメントに悪い成分が入っているものがある反面、トリートメントに良い成分が入ったものもあります。

トリートメントに含まれる代表的な悪い成分

トリートメントに入っている悪い成分を具体的に挙げると、ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Naが代表的なものと言えるでしょう。この2つの成分は、コストを抑えるために多くの商品に使われているようです。

この2つの成分がトリートメントに含まれる悪い成分という理由は、頭皮の油分を過剰に除去することで、痒みやフケ等の原因になるからです。毛穴に詰まることで髪質の悪化へとつながることも考えられます。

トリートメントは髪に馴染ませてケアするものであり、頭皮につけるものではありませんが、万が一頭皮についた時や髪にトリートメントが残っていた時に、髪から肌についてしまうことも避けられませんし、洗い流さないトリートメントの場合は、長時間髪についているので頭皮などにトリートメント剤が付着することも十分考えられます。

そうなると、これらの成分はトリートメントに含まれている悪い成分と言えるのですね。

その他の悪い成分

トリートメントに入っている悪い成分は他にも挙げられます。それは、刺激性界面活性剤やシリコン、刺激的な防腐剤、酸化防止剤などです。

界面活性剤は、聞いたことがある方もいるかもしれませんが、洗剤などにも使われている成分です。汚れを落とす効果などメリットがある反面、お肌などに対するデメリットもあります。

メリットとデメリットどちらを重視するかは個人の考え方にもよるかと思います。

シリコンや防腐剤、酸化防止剤なども、長く使い続けるトリートメントにとっては悪い成分と言えるでしょう。どれも髪にとってメリットはないと考えます。

悪い成分を避けて無添加のトリートメントを使おう

トリートメントは髪の傷みを補修するものですから、悪い成分が入ったものは避けたいものですね。トリートメントは髪に良い成分で安心して使えるものを選びたいものです。

そこでお勧めするのが「リシリッチ」です。

リシリッチは、洗い流さないトリートメントで、無添加です。もちろんノンシリコーンで、安心して使えるトリートメントです。

50種類の美容液成分が配合されており、天然由来の成分で作られているので、それらの効果を安心して得ることができます。髪に良い成分のリシリッチを是非お試しください。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ