トリートメントで枝毛の予防

枝毛の予防策

サラサラのロングヘアに憧れている方が多いと思います。しかし、枝毛や切れ毛に悩まされているという方も多いのではないでしょうか。

枝毛は、できてしまってからでは治せません。できてしまった枝毛は、切るしかないのです。

枝毛のない髪にするためには予防するしかないのです。そこでトリートメントで枝毛予防をしましょう。

枝毛予防は髪を洗う時から始まっている

毎日使うシャンプーですが、このシャンプーが原因で枝毛になることがあります。

シャンプーに化学物質が入っているものは使用しないようにしましょう。化学物質は髪の負担になります。天然由来のものを使うようにすること、更にシャンプーで保湿ができるものを選んで使うようにしましょう。

リンスインシャンプーは便利ですが、ものにより頭皮に残したくない成分が多く配合されているものがあるので、使う場合は、しっかり洗い残しがないようにすることを徹底しましょう。成分表示を確認するなどして、安心して使えるものを選びましょう。

トリートメントで枝毛予防

枝毛を予防するために、天然由来、且つ保湿ができるシャンプーを選ぶことが大切ですが、それだけでは不十分です。

シャンプー後は、トリートメントを使って枝毛を予防しましょう。

洗い流さないトリートメントで予防

シャンプーの後にトリートメントを使うことで、枝毛の予防対策をしたいと思います。この時、ポイントは洗い流さないトリートメントを使うことです。

洗い流すタイプのトリートメントは、傷んだ髪の補修効果は期待できますが枝毛予防の効果はありません。また、できてしまった枝毛はトリートメントで栄養などを補給しても治りません。

洗い流さないタイプのトリートメントを使うことで、枝毛の予防効果が期待できます。洗い流さないトリートメントを持っていないのであれば、まずは無添加・ノンシリコンの「リシリッチ」を試してみましょう。今ならお試しキャンペーン中で安く試すことができます。

洗い流さないトリートメントは、ドライヤーの熱や紫外線など髪に対する外敵要因から守ってくれます。また、保湿効果もありますので、枝毛を予防できると考えられます。

その他の枝毛対策

枝毛予防対策を2つ紹介しました。この他にも、色々と気を付けるべきことがあるので、紹介します。

夜10時~深夜2時は、しっかりと睡眠できるようにしましょう。都合で、この時間に寝られない時は、自身の寝る時間帯に熟睡できるように就寝前はリラックスするなど工夫をしましょう。

髪を洗った後、タオルドライをすると思いますが、その時は柔らかく包むように水気を取りましょう。空気の乾燥も枝毛の原因になるので、冬場エアコンを使う時は、加湿器も使い、空気を乾燥させないようにしましょう。

このように、枝毛対策は色々とあります。まずは、シャンプーとトリートメントで枝毛を予防していきましょう。また生活の中で、改善できることがありましたら、実践してください。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ