トリートメントでバチバチする髪の静電気予防

髪にバチバチと静電気が起こる理由

髪が静電気でバチバチとした経験をしたことがある方、多いと思います。静電気が髪に起こるとスタイリングもうまくできず、また外出先などで静電気が起こると誰かに見られるのも恥ずかしいですよね。

なぜ、髪に静電気が起こるのでしょうか。髪に起こる静電気の対策法はないのでしょうか。

静電気が起こる理由は髪の乾燥

髪に静電気が起こる理由は、髪の乾燥によって摩擦が大きくなることで静電気が発生するのです。

そもそも髪は保護膜が1本1本をコーティングしており、それが髪を乾燥から防ぐのですが、色々な理由から保護膜が不足することによって静電気が起こってしまうのです。

外部からの刺激

髪は保護膜で守られていますが、外部からの刺激によって保護膜が不足すると乾燥し摩擦が大きくなって静電気が発生してしまうのです。

外部からの刺激というのは、洗浄力が強いシャンプーの使用や、ドライヤーの温度が高い場合などです。

洗浄力が使いシャンプーを使うことで、汚れは落とせるかもしれませんが、必要な皮脂も洗い落としてしまったり、刺激が強いので肌トラブルのも元にもなりかねません。また、ドライヤーの熱も高い方が髪の乾きは早いかもしれませんが、あまり高温を髪に当てると、やはり強いダメージを与えてしまうことになります。

イオンバランスの乱れ

髪に静電気が起こる経験は多くの方がされていると思いますが、外部からの刺激によって髪が乾燥し保護膜が不足することが原因ですが、他にもイオンバランスの乱れも考えられます。身体のイオンバランスが乱れると身体の酸性が高まり、表面にプラスイオンの電子が大量に発生し溜まっていくことで静電気として放電されるのです。

これは髪だけでなく手など色々な部分から放電されるのですが、これは体質であるもののやはり髪や身体から静電気が起こりやすい体質は、あまりよくない状態なので注意が必要です。

髪に静電気が起こりやすい方は、食生活の偏りやストレスなどが溜まっている可能性があります。生活全般を見直すと改善されるかもしれません。

静電気対策法

では、髪の静電気対策法を紹介します。

1つはトリートメントを使って静電気を予防するというものです。髪の静電気の主な原因は乾燥なのでトリートメントで潤いを与えてあげることで、静電気を予防できると考えます。

トリートメントはシャンプー後に髪につけるものばかりでなく、乾いた髪につかうタイプのものもあるので、そのようなトリートメントでしたら朝のスタイリング時や外出先などでも使うるので、手軽に静電気対策ができます。

夜、シャンプー時にトリートメントをつけることで、ドライヤーの熱から髪を守る働きからダメージを与えないので、これも静電気対策と言えますし、朝のスタイリング時にトリートメントをつかうことで、ブラッシング時の摩擦などから髪を守ることにもなりますので、これも静電気対策と言えるでしょう。

そして外出先で、乾燥が気になるときなどにトリートメントをつかうことも、やはり静電気予防対策になります。

ブラッシングは静電気を引き起こしやすいので、朝のスタイリング時にトリートメントを使うことはスタイリングをしやすくする意味も得られて、静電気予防に高い効果を発揮してくれると考えられます。

このようにトリートメントは髪の傷みを補修するばかりでなく、静電気からも髪を守ってくれるのです。

静電気を防ぐ目的でトリートメントを使用するなら「リシリッチ」がおすすめです。リシリッチを朝、髪につけておけば紫外線などの外的ダメージから守ってくれるので静電気も起きにくくなります。今ならお試しキャンペーン中で安く購入することができます。

静電気を予防できると、ロングヘアの方などは特に、手ぐしで髪をといた時などにまとわりつく不快感を感じることもなく、快適に過ごせるのではないでしょうか。また、ショートヘアの方などは、帽子を脱いだ時などに静電気が起こるとスタイリングも崩れてしまいますし、不快感を感じるかと思います。

トリートメントで静電気を予防し、快適に過ごしたいですね。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ