トリートメントとコンディショナーのつける順番

トリートメントとコンディショナーの役割から考える

シャンプーで髪や頭皮の汚れを落とすことは、わかるものの、トリートメントとコンディショナーの順番はわからないという方も少なくないと思います。では、それぞれの役割から考えてみましょう。

トリートメントは毛髪の内部にタンパク質成分が浸透し、ダメージ部分に栄養を補給してくれます。

コンディショナーは、髪の表面をカバーし、シャンプー後に髪がきしむことを防いだり、手触りをよくする効果があります。また髪の表面のコンディションを整える力がリンスより強いですが、髪の水分が蒸発を抑える力など、毛髪の内部には作用しません。

このことから、どのような順番が適しているのでしょう。

内部に浸透するものとしないものの順番は

トリートメントとコンディショナーの順番を考える時、まずそれぞれの作用や効果を考えます。

トリートメントは、栄養分が髪の内部に浸透、補給されて傷みを補修してくれます。また、洗い流さないトリートメント(リシリッチなど)だとそれらに加えて、紫外線や日差しからのダメージ予防にも効果を発揮します。

コンディショナーは、髪の表面をカバーするのが主な作用といえるでしょう。

このことから、トリートメントとコンディショナーの順番は、シャンプーの次にトリートメント、その次にコンディショナーをつけるのが正しい順番といえます。

つける順番を反対にしてしまうと・・・

トリートメントとコンディショナーの順番を考えた時、トリートメントを先につけ、その後にコンディショナーをつけるのが正しい順番だと言えますが、もし反対にした場合どうなるでしょう。

シャンプーで髪や頭皮の汚れを落として、次にコンディショナーで髪の表面をカバーしてから、トリートメントをつけても、栄養分は髪の内部に浸透するでしょうか。

結論を言えば、コンディショナーがトリートメントの成分を浸透させないことになります。したがって、汚れを落とした髪にはトリートメントで栄養を与えて、その後にコンディショナーで髪表面をカバーするようにしましょう。

メーカーにより順番が異なる場合もある

一般的にトリートメントとコンディショナーの順番は、先にトリートメントをつけて次にコンディショナーですが、メーカーや商品によりこの順番が反対に使うように書かれているものもあります。そのような場合は、その手順に従ってください。

メーカーに直接問い合わせることで、詳しく説明をしてもらえるかもしれませんが、それぞれ商品により特徴なども異なりますので、それぞれの取り扱い方に従って正しく使ってください。

一般的にはトリートメントとコンディショナーの順番は、シャンプーの後にトリートメントをつけて、最後にコンディショナーですが、メーカーや商品によって、このトリートメントとコンディショナーの順番が違うように記されているものもありますから確認してから正しく使ってキレイな髪になるよう正しいケアをしてください。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ