トリートメントとパックの正しいやり方

トリートメントとパックの使用頻度

トリートメントでヘアケアをされている方、ケアをする頻度は毎日でしょうか。それとも週に1回程度でしょうか。

トリートメントでのケアの頻度は個人によって違います。

シャンプーは髪や頭皮の汚れを落とすものなのでほとんどの方が毎日使っているでしょう。しかしトリートメントは髪の傷み具合に合わせて使うものなので頻度は人によってバラバラです。

そしてパックもトリートメント同様に、頻度は個人によって違います。

トリートメントをつける順番

さて、シャンプー後にコンディショナーやリンスをされている方も多いことと思います。シャンプーとコンディショナーやリンスは毎日されているのではないでしょうか。

更にトリートメントを使う時、順番はどのようにされていますか。この順番を正しくつけないと、髪にとって意味がなくなってしまうかもしれません。

順番を間違えると効果がなくなる

コンディショナーやリンスの意味ですが、それは髪の表面をコーティングすることです。ですから、コンディショナーやリンスをつけた髪は手触りや見た目がよくなるのです。

コンディショナーとリンスの違いですが厳密に異なるところはありません。リンスよりコンディショナーの方が、髪をコンディションする働きが少し高いといったところでしょうか。

さて、シャンプーとリンスやコンディショナーとトリートメントを使う正しい順番をご存じでしょうか。これを間違えると、せっかくのヘアケア剤の効果を受けられなくなってしまいます。

栄養を補給してからパックする

シャンプーは汚れを落とすものなので一番最初です。迷うのは次に何を使うかです。

効果から考えると、汚れを落として、栄養を補給して、パック(コーティング)するのが正しい手順になります。

ですから、シャンプーの後にトリートメント、その後にパックの意味でコンディショナーかリンスという順番になります。

これをシャンプーの後にコンディショナーかリンスをつれて、最後にトリートメントでは、髪の汚れを落として、髪の表面をパックして、その後に栄養を補給することになり、髪はパックされているので、栄養が浸透していきません。

ですから、シャンプーの後にトリートメントで栄養を補給して、コンディショナーかリンスで髪の表面をパックするのが正しいやり方です。

ヘアパックを行う頻度は

ここまではトリートメントの後にパックをするやり方として、リンスやコンディショナーを使っての手順について紹介しました。最後にヘアパックについてです。

ヘアパックについてですが、これはトリートメントよりも傷みがひどい場合に使うと良いです。ですから髪の傷み具合にもよりますが、トリートメントよりもパックの頻度は低めに使うのが、正しいやり方と言えます。

髪の傷みがひどい場合は、トリートメントよりもパックをメインに使うのが、正しいやり方と言える場合もあるかもしれませんし、トリートメントとパックの正しいやり方は、髪の傷み具合により変えると良いと言えます。

髪の傷みが軽い場合はトリートメントを週に1~数回、髪の傷みがひどい場合はトリートメントを使う頻度を多くし、それよりも髪の傷みがひどい場合は、トリートメントに加えてパックでのケアも行うのが正しいやり方と考えると良いでしょう。

トリートメントとパックを正しく使うやり方をマスターして、キレイな髪を取り戻してください。

トリートメントも色々な種類があります。

もし安心で安全に使えるものを求めているならまずは洗い流さないトリートメントリシリッチを試してみましょう。リシリッチなら無添加・ノンシリコンの成分で出来ているので敏感肌の人でも安心して使えます。

自分に合うものを見付けて、トリートメントとパックの併用で、正しいやり方でケアをしていきましょう。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ