トリートメントの種類とそれぞれの髪に与える効果とは

トリートメントは1種類ではありません

ヘアケアにトリートメントを使う方が多くいらっしゃいます。トリートメントは数年前まで主流となっていたものは1種類かもしれませんが、最近ではトリートメントの種類は数多くあります。

数年前まで主流となっていた洗い流すトリートメントだけでなく、最近は洗い流さないトリートメントが主流となってきているなど変化しつつあり、また注目されています。トリートメントにはどのような種類と特徴があるのでしょうか。

トリートメントは大きく2つの種類に分けられます

トリートメントは、大きく分けて2つの種類があります。

1つは、洗い流すトリートメントで、もう1つは、洗い流さないトリートメントです。

数年前までは洗い流すトリートメントが主流でしたが、ここ数年は洗い流さないトリートメントが主流となりつつあり、また注目されています。

更に洗い流さないトリートメントは細かく種類が分類されます。

洗い流さないトリートメントの種類

トリートメントは、洗い流すトリートメントと洗い流さないトリートメントの種類に分けられ、更に洗いか流さないトリートメントはいくつかに分けられます。

クリームタイプ、ミルクタイプ、オイルタイプ、ウォータータイプ等です。

洗い流さないトリートメントの使い方

トリートメントは、洗った髪にすぐつけるものだけではありません。

トリートメントは以前は洗った髪にすぐつけて洗い流す種類が主でしたが、最近は髪を洗ってタオルドライした後につけてドライヤーで乾かすものや、朝のスタイリング時、乾いた髪に使うもの、外出先などで乾いた髪に使うものなど、多くの種類があります。

タオルドライ後に使うトリートメントの効果

トリートメントで洗い流さないタイプのシャンプー後に使う種類のものの使い方を紹介します。

正しくシャンプーした髪をタオルドライします。その後、洗い流さないトリートメントをつけ、ドライヤーで乾かします。

ドライヤーの熱から髪を守ってくれるなどの効果があります。

乾いた髪に使うトリートメントの効果

トリートメントで洗い流さないタイプの乾いた髪に使う種類のものの使い方を紹介します。

1つは朝のスタイリング時に使うものです。乾いた髪にトリートメント剤をつけてそのままスタイリングします。髪がまとまりスタイリングがしやすくなるでしょう。

もう1つは、日中に外出先などで使うものです。乾燥が気になるときなどに、外でも簡単に使えるタイプのものがあります。乾いた髪にトリートメント剤をつけて馴染ませるだけです。

トリートメントの種類が数多くあります。自分の髪の状態や、髪質、また使い勝手の良さなどに合わせて、自分に合うトリートメントを見極めて使うことが大切です。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ