雑菌が繁殖する!?正しいトリートメントの詰め替え方とは

トリートメントに詰め替え方があるの?

トリートメントを使う頻度は人それぞれ。傷みがひどいとそれだけ頻繁に使いますし、あまり傷んでいなければトリートメントもあまり使わないので、なかなか減らないでしょう。

頻度が高くない方はトリートメントを詰め替えのできるポンプ式などは使わないかもしれませんが、頻繁に使う方はトリートメントの詰め替えができるタイプのものを使っていることが多いです。特別に安く売っている時でない限り、普通は詰め替え用の方がお得ですから。

しかし、詰め替え用も正しく詰替えないと雑菌などが入ってしまう心配もあります。どのようなことに気を付けてトリートメントを詰め替えれば良いのでしょうか。

洗って乾かしてから詰め替え用

トリートメントを詰め替える場合、それまで使っていた容器を洗って、しっかり乾かしてから新しいトリートメントを詰め替えるのが一番清潔に保てます。

この方法でしたら、どのメーカーのものでも問題のない方法だと思います。

そのまま新しいものを入れる

トリートメントを詰め替える時、もともと使っていた容器を洗って、しっかり乾かしてから新しいものを入れるのがトリートメントの詰め替え方の基本ですが、そうでない場合もあります。

メーカーや商品によっては、容器を洗わないでそのまま新しいトリートメントを入れて問題ないというものもあります。

それまで使っていたトリートメントが容器に少し残っているところに足すような形でトリートメントの詰め替えというよりも、補充というイメージになるかと思いますが、それで問題ないというものもあります。

それは、ポンプ式の容器の場合、中に入っているものを外に出す仕組みになっているので、外から何かが入ってくることはないと考えられているからです。

水を入れた場合は

トリートメントの詰め替え方で、一般的には容器を洗って乾かしてから入れると思われている方が多いかもしれませんが、メーカーや商品によっては洗ったり乾かしたりしないで、そのまま容器に新しいものを入れて問題なく使えるものもあります。しかし、それは外からは何も入らないことが条件とされてのことです。

ですから、例えば、トリートメントの残りが少なくなってきた時、使い切るために水を入れたりして使うことがあるかもしれませんが、このように外から水や何かを入れた場合は、やはり新しいトリートメントを詰め替える前に一度容器を洗って乾かしてからの方が良いですね。

外から何かを入れることで雑菌などが入ることがありますので、そのような場合にそのまま新しいトリートメントの詰め替え用を入れてしまうと、雑菌などが繁殖することがあります。

ですからこのような場合は、容器をきちんと洗ってしっかり乾かしてから新しいトリートメントを詰め替えるようにした方が安心して使えます。

トリートメントの詰め替え方と言いましても、そのまま容器に入れるものと容器を洗ってから入れるものなど異なりますが、雑菌が容器に侵入しないようにすることと、もし雑菌が侵入している恐れがある時は、きちんとキレイにしてから新しいものを入れるようにするなど、臨機応変に対応し、トリートメントは常にキレイな状態のものを使うようにしましょう。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ