トリートメントはケラチン配合が良い?

トリートメントにケラチンが配合されていると

トリートメントは髪の傷みを補修するために使うことが、主な目的ですが、その成分についてご存じでしょうか。例えば「ケラチン」とは、どのようなものなのでしょうか。

トリートメントにケラチンが配合されていると、どのような効果が得られるのでしょうか。

ケラチントリートメントというものが注目されているようですが、どのような効果が得られてどのようなメリットがあるのでしょうか。

ケラチンの働き

羊毛由来のケラチンは髪の傷みを補修してくれます。

トリートメントに配合されているケラチンの効果とは、毛髪の補修、ヘアカラーの保持、ウェーブの保持、毛髪のハリやコシなど、髪の悩みは全てケラチンで解決してくれると言っても過言ではないほど、ケラチンの働きや効果は素晴らしいものです。

髪の主成分はケラチン

そもそもケラチンとは、髪の主成分です。ケラチンとは、髪や爪、皮膚の角質層を形成するためのタンパク質の総称です。

人の髪や爪、皮膚だけでなく羊毛や羽毛、角やうろこなどもケラチンでできており、髪や爪は硬ケラチンであり、皮膚角質層は軟ケラチン、紫外線や衝撃など外敵から守るクッション効果や守るためのバリア機能などがあります。

ケラチンは食べ物に含まれている

ケラチンは、タンパク質から摂取することができます。

具体的には、肉や魚介類、たまごや乳製品、大豆製品などです。

大切な成分

ケラチンは、18種類のアミノ酸で構成されているタンパク質です。

野菜や肉、魚や豆、卵や乳製品などを体内に摂りこみ、意味の酸に分解されてケラチンというタンパク質に再合成されるのです。このケラチンは、髪にとって大切な成分です。

サポートが必要

ケラチンを再合成されるためには、タンパク質を摂るだけではなく、他からのサポートが必要になります。

その1つが亜鉛です。もう1つはビタミンBです。

これらが、抜け毛の原因になると言われている酵素を抑制し発毛作用や、皮膚の新陳代謝を促進させる効果などが期待できます。1つの成分だけではなく、色々なものが助け合ってこそ力を発揮するのですね。

トリートメントも助け合い

トリートメントにケラチンが配合されているものが、髪にとって良いことがわかりました。しかし、トリートメントにケラチンだけ配合されていても、その効果は十分に発揮できないかもしれません。

トリートメントにケラチンと、その他のサポートをする成分が配合されて、お互いが助け合い、それぞれの持っている力を発揮し、髪を良い状態にしてくれるのです。

トリートメントでケラチンや、他の髪にとって良い成分入りのものを使うことも良いですが、それと同時に食べ物からもケラチンをしっかり摂って髪の外側からと体の内側からと、両方からケアをすることが大切です。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ