トリートメントはシリコンを使わないノンコーティングが良い?

トリートメントで髪をコーティングするとは

トリートメントをお使いの方が多いと思います。傷んだ髪の補修が主な目的でしょう。

しかし、どのトリートメントを使っても、必ず同じ効果が得られるかどうかはわかりかねます。

それは、トリートメントで髪をコーティングするのか、ノンコーティングなのかによっても変わってくるからです。

ノンコーティングとは

トリートメントでノンコーティングとは、どのような意味でしょうか。

トリートメントでノンコーティングというのは、ノンシリコーンという意味です。

シリコンを使っていないということです。シリコンがコーティング剤なのです。

トリートメントに限らずシャンプーなどもシリコン入りとノンシリコーンがあるように、どちらもメリットとデメリットがあるので、どちらを選ぶかどちらを使うかにより髪も変わってきます。

シリコーンを使うことのメリット

トリートメントでシリコーン入りを使うことのメリットは、髪の手触りがよくなることです。

髪の質感がツルツルになり、まとまりやさすやツヤも出ます。

シリコーンでコーティングするので、トリートメントをつけたらすぐに髪はツルツルになる即効性があります。

シリコーンを使うことでのデメリット

シリコーンが髪の表面をコーティングしているので、パーマやカラーの薬剤が髪に浸透しにくくなり、パーマがかかりにくくなったり、カラーが染まりにくくなることがあります。

また、シリコーンが剥がれ落ちる時に、髪のキューティクルを傷つけてしまうので、シリコーン入りのトリートメントを使い続けることで、髪の傷みも継続してしまうことになります。

ノンシリコーンのメリット

続いて、トリートメントでノンシリコーンを使った時のメリットです。

ノンシリコーンなので、髪をコーティングしていないことから、パーマがかかりやすく、カラーも染まりやすくなります。

シリコーンでコーティングをしない期間が続くと、髪に活力が戻り、ハリやコシやツヤも出てきます。

シリコーンが肌につくことで吹き出物の原因にもなるので、ノンシリコーンにすることで吹き出物なども出なくなることが期待できます。

ノンシリコーンのデメリット

コーティング剤を使わないことになるので、シリコーン特有のサラサラの髪が味わえなくなります。

シリコーンを使っていた場合、ノンシリコーンにしてから髪が活力を取り戻すまでの間、髪のツヤがなくなります。

シリコンとノンシリコンどちらを使うか

トリートメントでノンシリコ―ンとシリコーン入りのメリットとデメリットをそれぞれ挙げました。

このように比較すると、ノンシリコーンの方が良いです。

ノンシリコーンのデメリットは、シリコーン入りを使った場合に得るものです。もともとノンシリコーンのものを使っていれば、ノンシリコーンのデメリットはないと考えても良いでしょう。

ノンシリコーンということは、トリートメントはノンコーティングのものが良いという結論になります。

ノンコーティングでもサラサラでツヤツヤの髪を

シリコーン入りではないトリートメントを使いたいけれど、サラサラでツヤツヤで健康な髪になりたいものですね。そこでリシリッチをお勧めします。

リシリッチは、天然由来の成分で作られており、もちろんノンシリコーンなので、トリートメントでノンコーティングというわけです。

しかも、様々なダメージから髪を守ってくれますし、サラサラでツヤのある髪を実現してくれます。

髪を表面の見た目だけキレイにしたり、手触りを改善するのではなく、髪の内部から本当に健康でキレイな髪に近付けたいという方がトリートメントを選ぶ際は、ノンコーティングのリシリッチを選んで、お試しいただきたいと思います。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ