トリートメントはロングヘアの人のみ使うもの?

トリートメントを使う人に制限はない

トリートメントを使う人が多くいると思いますが、トリートメントを使っている人は、皆さんロングヘアでしょうか。

そうではありません。

セミロングやショートの人もいることでしょう。トリートメントを使う人は、ロングヘアだけという決まりはありません。

トリートメントは傷みを補修するもの

トリートメントを使う目的は、髪の傷みを補修することです。ですから、トリートメントはロングヘアの人のみ使うというものではありません。

ロングヘアでも傷んでいなければ、トリートメントを使う必要はありませんし、反対にショートヘアの人でも、傷んでいればトリートメントでのケアが必要になります。

トリートメントは、ロングヘアだから使うのではなく、傷みに合わせて髪の長さは関係なくケアに使うものです。

トリートメントがロングヘアに使うと思われる理由

トリートメントは、ロングヘアの人が使うという決まりはありません。ショートヘアの人も使いますし、もちろん男女関係なくどなたでも使うものです。

しかし、トリートメントはロングヘアの女性が使うというイメージが強いようにも思えます。それは、何故でしょうか。

やはりロングヘアの人の方が髪が傷んでいることが多いからです。

ロングヘアの髪型をしている人は男性よりも圧倒的に女性が多いので、トリートメントというとロングヘアの女性というイメージが強いのです。

ロングヘアだと傷む理由

トリートメントは、ロングヘアの人以外でも髪が傷んでいれば使うものですし、反対にロングヘアでなくても髪が傷んでいれば使うものです。しかし、やはりロングヘアの人の方が髪は傷むことが多いのは事実です。

その理由として、髪は伸びるまでとても長い時間がかかります。ロングヘアの場合、その長さにもよりますが髪が生えてから、ロングヘアになるまでに数年かかってしまいます。

その間、様々なダメージを髪は受けているので、傷みも進行してしまうのです。

ショートヘアよりもダメージを受けてしまう

トリートメントは、ロングヘアの人以外も使うヘアケア剤です。しかし、ロングヘアの人の方がショートヘアの人と比較すると、やはりどうしても傷みはひどくなってしまうものです。

それは、日々のダメージをロングヘアの方がショートヘアに比べて受けている時間が長いからです。

髪が生えて間もない時(1センチメートルくらいの状態)は、例えば紫外線ドライヤーの熱を約1カ月しか浴びていないのに対し、髪が10センチメートルくらいですと、紫外線やドライヤーの熱を10か月前後浴びていることになります。

これは、髪が1カ月で1センチメートル伸びると仮定した場合ですが、だいたいこのような計算になります。ですから、髪が20センチメートルでしたら紫外線やドライヤーの熱を20か月(1年8か月)浴びていることになります。

このように考えると、ロングヘアはショートヘアと比較した時に、ダメージを受けている時間が長いことがよくわかるかと思います。ですから、ロングヘアは傷みもひどくなってしまうのですね。

トリートメントでケア

ロングヘアは、傷みもひどくなってしまうのは仕方がないことかもしれません。しかし、そこで諦めてしまっては髪の傷みは進行してしまいます。

そこでトリートメントでロングヘアの傷みを補修してあげましょう。そこでおすすめするのが無添加・ノンシリコンだけの成分で作られた「リシリッチ」です

もちろんショートヘアの人も、傷みが気になる場合や、ドライヤーや紫外線などから髪を守りたいなどという理由から、それぞれ得たい効果に合わせてトリートメントを使ってケアをすると良いですね。

トリートメントはロングヘアの人もセミロングやショートヘアの人、男性も女性も、全ての人が髪のケアに使うものです。

しかし、髪の状態により使うトリートメントは異なるかもしれませんので、自身がトリートメントに何を求めているのかなどを確認した上で、自分に合うトリートメントを選ぶようにしましょう。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ