トリートメントは髪が何cmまで伸びたら使うもの?

トリートメントを使う基準

トリートメントを使うには、基準があるのでしょうか。トリートメントは何cmから使うものなのでしょうか。

答えは、トリートメントは何cmからでも使えます。

トリートメントを使うための基準などというものは、ありません。トリートメントは何cmの方でも使っていいものです。髪の長さに関係なく、使って問題ありません。

トリートメントは何故使うのか

トリートメントを何cmから使うものかを考える時に、何故トリートメントを使うのかを考えてみましょう。

トリートメントを使う主な理由は、髪の傷みを補修することです。つまり髪を補修するならトリートメントは何cmから使ってもいいのです。

髪が傷んでいれば短い方でも使いますし、反対に髪が長くても傷んでいなければトリートメントを使う必要はないとも言えます。ですから、トリートメントは何cmから使うという決まりはありません。

髪型がショートでもロングのどちらであっても、ダメージが気になるのであればトリートメントを使ってケアしましょう。もしトリートメントの選び方が分からない人は、無添加・ノンシリコンの成分だけで作られた「リシリッチ」から試してみてください。

トリートメントはロングヘアの人が使うというイメージ

トリートメントは、髪の長い方が使うイメージが強いかもしれません。そのことからもトリートメントを使うのは、何cmからという決まりのような基準があるように思えてしまうかもしれません。

しかし、トリートメントを使う理由からもわかるように、髪の傷み具合によりトリートメントを使うので、何cmから使うべきというような決まりはありません。

では、何故トリートメントはロングヘアの人が使うというイメージが強いのでしょうか。

それは、ロングヘアの人の方が髪の傷みが気になることが多いからではないかと思います。生えてきて間もない短い髪は、傷みもあまりひどくないことが多いです。やはり長い髪の方が傷みはひどくなりがちです。

それは、手入れの問題というわけではありません。髪は長いほど傷んでしまうのです。

髪が傷む理由

髪は短いよりも長い方が傷んでいることが多いです。それには、きちんと理由があります。

髪が傷む主な理由はカラーやパーマ、ヘアアイロンだけでなくドライヤーの熱紫外線など、様々な理由があります。仮にカラーやパーマ、ヘアアイロンは控えていてもドライヤーや紫外線は防ぎきれないことでしょう。

このことからも短い髪は生えてきて間もないことから、ドライヤーや紫外線などのダメージもあまり受けていないので、傷みもひどくないと考えられますし、反対に長い髪は生えてきてから何年間も経っているので、ドライヤーや紫外線なども何年間も浴び続けていて、傷みもひどくなってしまうものと考えます。

このことからもロングヘアの方がショートよりも傷みはひどいと思われますので、トリートメントはロングヘアの人が使うイメージが強いのです。

しかし、髪は短くてもダメージは毎日のように受けていますし、パーマやカラーをされていると更に髪は傷みがちだと思います。

ですから、トリートメントは何cmからでないと使ってはいけないなどという決まりはないので、傷みが気になる場合はショートでもロングでも、関係なくお手入れをして髪の傷みをストップさせ、補修をしてあげてください。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ