トリートメントは1回どのくらいの使用量が目安?

トリートメントの1回の使用量は

トリートメントを使う方が増えていますが、1回の使用量を守って使っているでしょうか。

トリートメントは1回の使用量を守らなくては効果がないどころか、かえって悪影響となってしまうことがあるのでトリートメントを使う時は、1回の使用量をきちんと守るようにしてください。

ところでトリートメントの1回の使用量は、どのくらいが良いでしょうか。

トリートメントの使用量の目安

トリートメントを使う時の1回の使用量の目安ですが、髪の長さにより変わってくるわけですが、セミロングで5~8グラムが一般的な目安です。

セミロングで5~8グラムが一般的な使用量の目安ということを基準に、髪の長さに合わせてトリートメントを使う時の1回の使用量を増減させると良いですね。

ポンプの押す回数で調整できる

トリートメントを使う時の1回の使用量の目安が、だいたいおわかりいただけたかと思いますが、グラムでわかっても、どのように量ったらいいのか悩むところかもしれません。

しかし、大丈夫です。

ポンプタイプをお使いの方でしたら、その押す回数で使用量を量ることができます。ポンプ1回で3グラム出るので、このポンプを押す回数で、2回押せば6グラムというように、量を調整することができます。

ポンプタイプではない場合

トリートメントの1回の使用量をポンプタイプの場合は簡単に量ることができますが、ポンプタイプではない容器の場合はどのようにしたら良いのでしょうか。

ポンプタイプではない容器の場合、手のひらにトリートメントを出した時、500円玉硬化大に広がる量が5グラムなので参考にしてください。手のひらに500円玉硬化大を1回で5グラム、2回で10グラムというように、調整してください。

トリートメントのつけすぎには注意

トリートメントの1回の使用量の目安は、髪の長さにより異なりますが、セミロングで5~8グラムを基準に自分に適した量を調整して使ってください。

トリートメントは、つけすぎると頭皮のトラブルや髪のベタツキなど、頭皮にも髪にも悪影響を及ぼしかねません。

つけすぎた場合も、洗い流すのだから問題ないと思われるかもしれません。

確かに、洗い流してしまうので、きちんと洗い流せば、このようなトラブルは回避できるかもしれませんが、洗い流してしまうのですから、その分だけトリートメントをムダに使ってしまっていることになります。

規定量より多く使ってもそれだけ良い効果を得ることはできない上、ムダ使いになりかねませんし、トラブルの元になることも考えられます。

使う頻度を多くする

トリートメントをつける時、1回の使用量を多くしても、それだけの効果は得られないので、その多くして洗い流してしまう分を次回に使うようにして、トリートメントでケアをする回数を増やすと、それだけ効果も増してくると考えます。

例えばトリートメントの1回の使用量を2倍にするのではなく、その分を週1回のところを週2回に増やすなどすると、効果をより得られると考えられますので、量を増やすのではなく回数を増やすようにしてみてください。

正しく使いましょう

トリートメントの1回の使用量を増やすのではなく、適量を守りその分トリートメントでケアする回数を増やし、正しくトリートメントすることが何より大切です。

トリートメントの正しいケア法は、頭皮にはつけないこと、適量を守ること、そして洗い流すタイプのトリートメントの効果をより高く得るためにできることは、トリートメントを髪に馴染ませた後、温タオルなどで髪全体を覆いスチーム状態を作ってあげて、トリートメントの栄養をより浸透しやすい環境を整えてあげると良いでしょう。

トリートメントを正しく使って、髪も頭皮も健康にキレイな髪を維持しましょう。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ