洗い流さないトリートメントの使い方

トリートメントは、傷んだ髪の補修のために使います。この目的は、どのトリートメントにも共通しています。

しかし、トリートメントの種類により使い方が異なります。

トリートメントの種類

まず、トリートメントは大きく分けて2種類に分類されます。

1つは洗い流すトリートメント、もう1つは洗い流さないトリートメントです。

それぞれ、使うタイミングや使い方が異なります。

洗い流すトリートメントの使い方

では、洗い流すタイプのトリートメントの使い方から紹介します。基本的にはリンスやコンディショナーと使い方は同じです。

シャンプーした髪にトリートメント剤適量を髪に馴染ませます。この時、頭皮にはつけないように気を付けてください。

頭皮にトリートメント剤がつくと毛穴を詰まらせる原因となり、肌のトラブルや髪のトラブルを起こすことにつながります。

トリートメント剤は髪にのみつけましょう。手ぐしを入れるようにしながら、髪全体に行きわたらせます。その後、洗い流しましょう。

基本的にはぬるぬるした感じがなくなるまで十分にすすぎますが、ぬるぬるした感じが完全になくならないものもあるので、その場合は自分でそろそろ大丈夫と思われたタイミングから、更に数回すすぐと良いかもしれません。

髪の傷みがひどい時は、トリートメントを髪につけてから、温タオルやシャワーキャップなどをかぶり髪を覆い、そのまま湯船につかるなどして数分おきます。その後、洗い流すとトリートメントの栄養分が更にしっかり浸透し効果的です。

洗い流さないトリートメントの使い方

次に洗い流さないとトリートメントの使い方です。洗い流さないトリートメントの使い方は、洗い流すトリートメントと使い方が少し異なります。

洗い流さないトリートメントの使い方は、シャンプーした髪をタオルドライしそこへトリートメントをつけます。

つけ方は、洗い流すトリートメントと同様で適量を手でつけていきます。この時、頭皮につけないように気を付けてください。手ぐしで髪全体に行きわたるようにしましょう。

洗い流さないトリートメントの使い方は、これで終わりです。この後、ドライヤーで髪を乾かします。

洗い流さないトリートメントは、ドライヤーの熱から髪を守ってくれる効果があるので、安心してドライヤーを使って髪を乾かすことができるのが嬉しいポイントですね。

洗い流さないトリートメントを正しく使って、今ある傷みを補修し、これから傷みの原因となるドライヤーから髪を守り、美髪になりましょう。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ