洗い流さないトリートメントの効果とは

トリートメントの種類と効果

毎日ダメージを受け続け、傷んでしまう髪に悩まれている方は多いのではないでしょうか。その悩みを解決するためにトリートメントを使われている方も、また多いのではないでしょうか。

トリートメントには、洗い流すトリートメントと洗い流さないトリートメントの2種類があります。どちらも共通している効果は、傷んだ髪に栄養分を与えて補修するということです。

髪の表面をコーティングして、見た目や手触りだけを良くするのでは傷みは進行してしまうばかりです。トリートメントを使って、傷みの原因をしっかり補修していかなくてはなりません。

洗い流さないトリートメントの効果

トリートメントは、髪に栄養を与えて傷みを補修する効果があります。これは洗い流すトリートメントと洗い流さないトリートメント、どちらにも共通している効果です。

洗い流さないトリートメントは、更に他の効果もあるのです。それはダメージから髪を守る効果です。

髪にダメージを与える要因とは

そもそも髪は何が原因で傷むのでしょうか。いくつか原因は考えられます。

紫外線やドライヤーの熱、パーマやアイロン、栄養バランスの偏りがあります。地肌が健康でないと、元気な髪は生えてきませんので、生えてきている髪だけをケアするのではなく、地肌、体の健康も髪の健康に関係してきます。

さて、食事面は好き嫌いをしないよう、バランスのとれた食事を心掛けることが大切ですし、食事面に関しては、普段の心掛けで改善できます。

しかし、紫外線ドライヤーの熱、パーマやアイロンなどのダメージは、どのように防げばいいのでしょうか。

そこで、お勧めするのが洗い流さないトリートメントです。

洗い流さないトリートメントの効果

洗い流さないトリートメントは、傷みを補修する効果だけでなく、紫外線やドライヤーの熱、パーマやカラーなど、日々のダメージから髪を守る効果も得られます。

既に傷んでいる髪を補修し、新しく受けてしまうダメージから髪を守る洗い流さないトリートメントの効果を得て、美しい髪になりたいものですね。

洗い流さないトリートメントの種類

洗い流さないトリートメントの効果を是非得て、キレイな髪になりたいものですが、使い勝手などは良いのでしょうか。

洗い流さないトリートメントは、クリームタイプやミルクタイプ、オイルタイプや、ウォータータイプなどがあります。

シャンプー後のタオルドライした状態の濡れた髪につけてドライヤーで乾かすという使い方をするものや、乾いた髪に使うというものもあります。乾いた髪に使うものは、朝のスタイリング時や日中、外出先などで気になる時に使うという使い方もできます。

洗い流さないトリートメントを上手に取り入れて、その効果を十分に得たいものですね。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ