洗い流さないトリートメントはノンシリコンが良い!?

洗い流さないトリートメントはノンシリコンとシリコンどちらが良い?

洗い流すトリートメントはトリートメントの栄養分を髪に浸透させてその後は洗い流してしまうので、シリコンのメリットやデメリットのどちらを考えても洗い流してしまうので、ある程度は問題ないと考えるかもしれません。

しかし、洗い流さないトリートメントの場合、トリートメントを髪につけてから次にシャンプーをするまでトリートメント剤は髪についているので、シリコンについても気になり、ノンシリコンが良いのではないかと考える方が多いかもしれません。

そもそもシリコンは髪に良いのでしょうか?良くないものなのでしょうか?

シリコンの役割について

ではまずシリコンの役割について考えてみましょう。洗い流さないトリートメントでシリコン入りとノンシリコンの両方が存在するということは、シリコンはあってもなくても問題ないものという判断をしてもいいものなのでしょうか。

シリコンとは合成樹脂です。洗い流さないトリートメントにシリコンが使われている理由は、指通りをなめらかにする効果や髪の摩擦やダメージを軽減させる効果があるからです。この理由からシリコンはトリートメントに必要な存在に思えますね。

しかし、最近はノンシリコンが注目されています。それは自然派思考で、天然素材に注目されるようになってきたからです。また、ノンシリコンですとサッパリとした使用感ということも注目されるようになった理由1つかもしれません。

シリコンとノンシリコンにはそれぞれにメリットがある

洗い流さないトリートメントにノンシリコンとシリコン入りのどちらも存在しますが、それはどちらにもメリットがあるからです。

ノンシリコンのメリット

まず、洗い流さないトリートメントのノンシリコンを使った時のメリットについてです。

つけた後の仕上がりが軽い、髪からサラサラになる、髪がぺたっとしない、自然派の方も安心して使用できるなどが洗い流さないトリートメントのノンシリコンを使った時のメリットです。

シリコン入りのメリット

次に、シリコン入りの洗い流さないトリートメントを使った時のメリットについてです。

髪のキューティクルが壊れるのを防ぐので、髪の傷みを進行させるのを防いでくれ、毛髪同士が摩擦するのを減らしてくれる、ドライヤーの熱から髪を守り、髪をしっかりまとめるので広がりを防ぐなどの効果があります。

自分の髪に合う成分が含まれているトリートメントを選ぼう

洗い流さないトリートメントを使う時、ノンシリコンとシリコン入りのどちらを選ぶかは、使う人の髪や好みによって異なってくると思います。やはり自然派の方はシリコンが髪や頭皮にとって悪いものではないとしても使いたくないという考えだと思いますし、反対にシリコンのメリットを得たいと考える方もいるのではないでしょうか。

もし、洗い流さないトリートメントでノンシリコンを使いたいけれど、どれがいいかわからないという方はリシリッチをお試しください。

天然素材で作られているので髪にも頭皮にも優しい洗い流さないトリートメントでノンシリコンです。

洗い流すトリートメントの場合、シリコン入りのものを使って万が一頭皮にトリートメントがついたとしても、シリコンはシャワーなどで洗い流されるので頭皮に対するダメージの心配はありませんが、洗い流さないトリートメントの場合、トリートメントが頭皮についてしまうと、シリコンも頭皮についてしまうということになり毛穴に詰まってしまうリスクがあるので、やはり洗い流さないトリートメントはノンシリコンが安心して使えるのではないかと考えます。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ