洗い流さないトリートメントの効果的な使うタイミングとは

洗い流さないトリートメントを効果的に使うためには

傷んだ髪にトリートメントを使う方が多いと思います。トリートメントには洗い流すトリートメントと洗い流さないトリートメントがあります。

洗い流すトリートメントは、基本的にシャンプーした髪につけて、その後洗い流すというものですが、洗い流さないトリートメントは、いくつかの使い方があります。

それぞれベストなタイミングがあるので紹介していきます。

洗い流さないトリートメントの種類

洗い流さないトリートメントは、いくつか種類があります。

クリームタイプ、オイルタイプ、ウォータータイプなどです。他にも、ありますが、代表的なものの使い方3つを紹介します。

効果的なタイミング1:濡れた髪に使う

洗い流さないトリートメントの効果的な使うタイミング、1つ目は濡れた髪に使うことです。

髪をシャンプーした後、タオルドライします。そこへ洗い流さないトリートメントをつけます。その後、ドライヤーで髪を乾かします。

洗い流さないトリートメントが、ドライヤーの熱から髪を守ってくれますし、栄養分が髪に浸透するので、傷みを補修してくれる働きもあります。

効果的なタイミング2:乾いた髪に使う

洗い流さないトリートメントの効果的な使うタイミング、2つ目は乾いた髪に使うことです。

濡れた髪に使うものと乾いた髪に使うものとありますので、パッケージなどに書かれてある使用法を確認してください。乾いた髪に使うものは、日中に髪が乾燥していると感じた時などに使うのも効果的と言えます。

また、朝のスタイリング時に使うのも良いでしょう。スタイリング時に使うことで髪が扱いやすくなります。

ベストなタイミングは自分自身で見付ける

洗い流さないトリートメントは、夜などシャンプー後の濡れた髪につけるのが効果的な使うタイミングのものもありますし、また乾いた髪に随時使うのが効果的な使うタイミングのものと、両方あります。どちらも洗い流さないトリートメントの効果的な使うタイミングと言えるでしょう。

ですから、普段お使いのシャンプーなどとトリートメントの相性などもあると思いますし、得たい効果や香り、メーカーなどお気に入りのものもあるかと思います。

濡れた髪に使って、寝ている間にしっかり補修することも良いですし、朝のスタイリングをしやすくするのも良いと思います。外出先で簡単にお手入れするのも良いでしょう。

ですから、使う方の生活スタイルと求めいる使いやすさと効果などを総合的に考えて、必要な1つを見極めることができると良いですね。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ