洗い流すトリートメントと流さないトリートメントの違い

トリートメントの種類により効果が違う

洗い流すトリートメントと流さないトリートメントがあります。

更に細かく分類されますが大きく分けて、この洗い流すトリートメントと流さないトリートメントの違いについてです。

洗い流すトリートメントの効果

洗い流すトリートメントの効果は、髪の内部に栄養分などを浸透させ、傷んでいる髪を補修することです。

これは、洗い流すトリートメントと流さないトリートメントのどちらにも共通している効果です。

洗い流さないトリートメントの効果

洗い流さないトリートメントは、洗い流すトリートメントの傷んだ髪を補修するというトリートメントの基本的な効果に加えて、ドライヤーの熱紫外線から髪を守るという効果もあります。

傷んだ部分を補修するという点では洗い流すトリートメントも流さないトリートメントも共通ですが、流さないトリートメントの方が更に新たなダメージを髪に与えないという点では効果が高いと言えるでしょう。

また、傷んだ髪を補修する成分が長い時間、髪に浸透し続けるので、洗い流すトリートメントと比較して傷みを早く補修してくれます。

どちらのトリートメントがより効果的か

洗い流すトリートメントと流さないトリートメントではどちらがより効果的でしょうか。

やはり洗い流さないトリートメントの方が傷みを補修しながら、ドライヤーの熱や紫外線など髪にとってのダメージを防いでくれることからも、洗い流さないトリートメントの方が効果的です。

洗い流さないトリートメントは保湿、保護成分が髪に残るので美しさを長い時間キープしてくれます。

そこでおすすめするのがノンシリコン・無添加成分のみで作られた「リシリッチ」です。今ならお試しキャンペーン中で安く購入することができます。

髪の傷みぐあいによってタイプを使い分ける

洗い流すトリートメントと流さないトリートメントを比較すると、やはり流さないトリートメントの方が良いと思われますが、髪の傷み具合にもよりますが毎日これを使う必要がない場合もあります。

髪の傷みがひどい時は頻繁に洗い流さないトリートメントを使うようにすると早く傷みが補修されると考えられますが、少し傷みが気になる程度でしたら洗い流さないトリートメントを頻繁に使う必要はないです。週の半分以上は洗い流すトリートメントを使い、週の数回は流さないトリートメントを使うという頻度の割合で十分でしょう。

また、どちらを使う時も共通しての注意点があります。

それは頭皮にトリートメント剤がつかないようにすることです。

洗い流すトリートメントの場合は、万が一、頭皮にトリートメント剤がついてしまった場合、洗い流す時に頭皮についてしまったものも、しっかりと洗い流して頭皮に残らないように気を付けてください。

洗い流さないトリートメントの場合、万が一、頭皮にトリートメント剤がついてしまうと次にシャンプーする時まで残ってしまうことになるので十分注意が必要です。洗い流すトリートメントも流さないトリートメントも正しく使って美しい髪を目指しましょう。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ