肌に副作用がない!?トリートメントはノンケミカルが良いか?

ケミカル入りとノンケミカルのトリートメントの違い

トリートメントには、ノンケミカルとケミカル入りのものがあります。

それぞれ、どのような違いがあるのでしょうか。そして、髪にとってはどちらが良いのでしょうか。

ケミカル入りのトリートメントの働き

まずケミカル入りのトリートメントは、どのような働きをするのでしょうか。

ケミカルは紫外線吸収剤が入っているものを表しています。紫外線吸収剤とは、紫外線をカットする効果があるというものです。

紫外線は頭皮や髪にもダメージを与えるもので、その紫外線から髪を守ってくれるというのですね。

しかし、紫外線吸収剤が紫外線をエネルギーに変えて外に放出する過程で、化学反応を起こしてこれが副反応として肌等にダメージを与えてしまうと言われています。

ノンケミカルのトリートメント

ケミカル入りのトリートメントは、紫外線から髪や頭皮を守ってくれる働きがあります。

しかし、副反応として化学反応を起こしたものが髪や頭皮にダメージを与えてしまうので、やはりトリートメントはノンケミカルが良いです。

トリートメントはノンケミカルのものを選ぶことで、このような化学反応を起こした際の副反応を受けることがありませんが、やはり紫外線から髪を守りたいという気持ちもあることでしょう。

髪にダメージを与えるもの

髪はドライヤーの熱やパーマ、カラーや紫外線など色々なものでダメージを受けてしまいます。

パーマやカラーは、髪が傷むからやらないという選択肢もあります。髪も短めにして、ドライヤーも短時間で髪を乾かせるようにするという工夫もできるかもしれません。

しかし、紫外線だけは防ぐ方法があります。

もちろん、帽子や日傘などを使うことは有効かもしれませんが、完全に受けないということは難しいでしょう。

しかしケミカル入りのトリートメントは使いたくないという考えの方が多いのではないでしょうか。

自然派由来で髪を守る

ケミカル入りトリートメントは使いなくない、トリートメントはノンケミカルが良いと思うけれど、髪や頭皮を様々なダメージから守りたいという想いもある多くの方へお勧めしたいのが「リシリッチ」です。

リシリッチは洗い流さないタイプのトリートメントでノンケミカルです。

ケミカル入りではなく、理想的なトリートメントでノンケミカルです。理想的な理由としては、ノンケミカルですし、その他の成分も自然派由来のもので作られており、様々なダメージから髪を守ってくれるのです。

紫外線や埃、ドライヤーの熱などからも髪を守ってくれるトリートメントがリシリッチです。リシリッチは洗い流さないトリートメントで、ノンケミカル、自然派由来の成分で作られているので、安心して使えますし、その効果も十分なものが得られるでしょう。

Copyright (C) 2016 洗い流さないトリートメントいい匂いランキング All Rights Reserved.

このページの先頭へ